TOEICってどんなテスト?

TOEICってどんなもの?という人のために、TOEICというテストがどんなものかということを簡単に説明しておきましょう。

まず、TOEICという名前は、
Test of English for International Communication
の頭文字を取ったもの。
そのまんま訳せば、国際的コミュニケーションのための英語テストということですね。

TOEIC

テスト全てマークシート式のペーパーテストで、パート1から4までのリスニング(45分)と、パート5から7までのリーディング(75分)の2部構成になっています。

それぞれの配分は495点。
両方共満点なら合計990点で、5点刻みで採点されます。

つまり英検や入学試験のように合格・不合格というのはなくて、0点から990点までのスコアが通知されるというしくみです。

TOEICを取り巻く環境

僕が学生だった遠い昔には、英語のテストといえば「英検」というイメージでした。

しかし、最近はこのTOEICを進学や就職の際の目安にする学校・企業がかなり増えてきています。

例えば、入学や就職の条件に「TOEICスコア700点以上」みたいな条件を提示してる所が結構あります。

僕の友人が勤めている会社では、スコアによって毎月の給料に手当が付くそうです。

なので、英語系の学校への入学や国際企業への就職を考えている人には、スコアがキャリアアップの武器になり得るわけです。

TOEICスコアと英語力の関係

TOEICスコアと「できること」の目安については、色々なところに情報があります。

例えばスコア600点以上なら、
「レストランで自分の食べたいものをオーダーできる」
とか、
800点以上なら、
「日常会話には困らない」
とか、そういう感じのものです。

でも、こういうのはあくまで目安と思ったほうがいいでしょう。

そもそもTOEICはリスニングとリーディングだけのテストですから、それだけで英語力を完全に判定するのは無理があります。

(「TOEIC SW」という別バージョンのテストではスピーキングやライティングも判定されますが、このテストはまだ新しいものなので、基準として採用している会社や学校はあまりないと思います。)

例えばTOEIC900点持っている人の中にも、相手の話は聞き取れる(リスニングはできる)るけれど、自分の思っていることを表現できないので会話はあまり得意でないという人もいます。

ただし、だからといってTOEICのスコアが無意味かというと、全くそんなことはありません。

TOEICで高得点を取れるということは、英語の基礎が身についているということだからです。

つまり、高得点が取れるなら、少なくとも基礎力はあると判断できるということです。

実際のところ、TOEICで900点取れるような人は、仮に会話が苦手であっても、ちょっとの練習だけであっという間に一定レベルの会話力が身につきます。

何といっても、TOEICでハイスコアが取れるということは、人の話している英語が高い割合で聞取れていて、しかも正しい英語と間違った英語の判別ができるということですから、それが訳に立たないわけがありません。

スコアが高くて実戦が苦手という人は、野球で言えばバッティングも守備も上手だけど「試合慣れ」していない選手のようなものです。

最初は流れについていけなくてぎこちないかもしれませんが、ちょっと練習すればすぐに活躍できるようになるでしょう。

逆に、守備やバッティングが下手な選手が何度試合に出ても、活躍は全く期待できません。

そういう意味では、進学や就職などで特別「TOEICスコア○○点以上」という数字が必要なかったとしても、受ける意味はあると思います。

TOEICの問題は基本的な英語力が固まっていないと高得点が取れないように作られているので、TOEICのための勉強は高い英語力の土台作りにもなります。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP