Ankiのインポート設定

次に、Ankiの単語帳に学習DBを導入(インポート)するための設定を行います。

単語帳の選択

まず、Ankiを起動して「英作文」の単語帳を選択します。

単語帳の切り替え

こんな風に、「英作文」の単語帳が表示されます。

ファイルの読み込み

「ファイル」→「読み込む」を選択します。

CSVファイルの選択

ファイルの選択画面で、「OpenOfficeの初期設定(Windows)」のページでダウンロードしたファイルの中から、「英作文.csv」を選び「開く」をクリックします。
※ファイル名は「英作文」とだけ表示されている場合もあります。

インポート設定

読み込みの設定画面が表示されるので、「種類」の欄をクリックします。(初期状態では、「Basic」になっていると思います)

ノートタイプの選択

ノートタイプの選択画面が表示されるので、「英作文」を選んで「選択」ボタンをクリックしましょう。

インポート設定

次に、読み込みオプションの中のプルダウンメニューから「最初のフィールドが一致した場合、既存のノートを更新する。」を選択します。

読み込み設定完了

設定が完了したら、「読み込む」ボタンをクリックします。

読み込み完了

上のような画面が出れば成功です。
元々のデータをと同じものをインポートしているので「0個のノートを追加しました。」「0個のノートを更新しました。」と表示されています。

メイン画面へ

メイン画面に戻るには「単語帳」という部分をクリックします。

ボキャビルを選択

次に「ボキャビル」単語帳についても同じ設定を行います。

ファイルの読み込み

単語帳画面に進んだら、「ファイル」から「読み込む」を選び・・・

CSV選択

今度は「ボキャビル.csv」を選択して「開く」をクリックします。
※ファイル名は「ボキャビル」とだけ表示されている場合もあります。

ノートタイプの選択

「種類」が右の単語帳の種別に合っていないので、クリックして変更します。

ノートタイプの選択

「ボキャビル」を選んで、「選択」をクリックします。

読み込み

これで「種類」と「単語帳」が一致しました。
このページの手順通りに進めていれば、「最初のフィールドが一致した場合、既存のノートを更新する。」という部分はそのままになっているはずですので、「読み込む」を押してデータを読み込みましょう。

読み込み終了

今回も、追加や更新される単語帳はありません。
読み込みが終わったら、「閉じる」をクリックしましょう。

TOEIC PART5

また「単語帳」を押してメイン画面に戻り、今度は「TOEIC PART5」の単語帳を選びます。

TOEIC PART5

先にやった2つの単語帳と同様に、「ファイル」→「読み込む」をクリックしましょう。

CSVの選択

今度は「TOEIC PART5.csv」を選択して「開く」をクリックします。
※ファイル名は「TOEIC PART5」とだけ表示されている場合もあります。

種類の選択

またまた「種類」と「単語帳」の内容が一致していないので、「種類」のボタンをクリックします。

種類の選択

「TOEIC PART5」を選び、「選択」をクリックします。

読み込み

これで「種類」と「単語帳」が一致しました。
このページの手順通りに進めていれば、「最初のフィールドが一致した場合、既存のノートを更新する。」という部分はそのままになっているはずですので、「読み込む」を押してデータを読み込みましょう。

読み込み結果

今回も、追加や更新される単語帳はありません。
読み込みが終わったら、「閉じる」をクリックしましょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP