僕の英語に関する経歴

ほとんどの人は興味が無いと思いますが、一応このサイトの記事を書いてる僕の英語に関する経歴を簡単に書いておきましょう。

僕は学生時代、英語が苦手な生徒でした。

マジメに勉強しなかったせいもあって(というか、ほぼ確実にそれが原因で)赤点を時々取っていたくらいです。

さすがに落第はまずいと思っていたので、赤点を取った後のテストでは、なんとか進級するために必要な点数を取っていました。

まあ、要はその程度の実力だったってことです(苦笑)。

高校から専門学校へと進みましたが、理系の分野に進んだので主に必要とされた知識は科学系のことだったので、英語の能力が低いことについては何とかごまかしながら学生時代を乗り切りました。

ただし、別に英語が特に嫌いだったというわけではありません。

まあ、嫌いといえば勉強全般が嫌いだったんですが(笑)洋画が好きだったので好きな映画を見る時には英語の字幕を表示させて「へえ、こう言ってるのか・・・」と確認しながら見ていたこともあります。

映画のシーン

多くの日本人がそうであるように、
「英語が話せる人ってかっこいいなあ・・・。」
とか、
「いつか英語を勉強してみたいなあ・・・。」
みたいな漠然とした憧れを持ってるだけで、その「いつか」は「いつかのまま」延々と時は流れたという感じです。

しかし、そんな僕にも本当に英語が必要な時がやってきました。

それは、家族の結婚によって外国人の親戚(義理の弟)ができたことです。

僕は日本に住んでいるわけですから、親戚づきあいを避けて生きれば、英語を勉強しないでやり過ごすということもできなくはありません。

でも、こんなビッグチャンスすら見送っていたら、たぶん一生英語をきちんと勉強する事なんて無いでしょう。

そんな風に考えて、ついに長い沈黙を破って英語の勉強を始めることにしました。

ただし、学生でもなければ英会話スクールに通っているわけでもないので、ただ毎日勉強していると自分の英語力を判断する基準がありません。

そこで、TOEICを受験してそのスコアを目標にしようと思いついたわけです。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP