長文問題の精読と再回答

TOEICのテスト本番を想定してスピーディーに読む練習が終わったら、次は時間に制限をかけずにじっくりと本文を読む「精読」に入ります。

精読と再回答の進め方

英語の文章を早いスピードで読もうとすれば、当然ですが理解できる割合は低くなってしまいます。

逆にゆっくり時間をかけて読めば理解度は上がりますが、ゆっくり読めば読んだだけ分かるようになるかというと、そういうわけでもありません。

知らない単語はいくら見ても分からないし、分からない構造の文はいくら読んでも分からないと思います。

時間をかけてもこれ以上分かりそうにない・・・というところがその人の発揮できる英語力の限界ということです。

このステップでは、ほぼその状態になるまで英文を読んで、できるかぎり英文を理解するように努力します。

速読のステップが「同じ時間内にできるだけたくさん読む」という「スピード」のトレーニングなのに対して、精読は「深く読む」トレーニングです。

書かれている英文から出来る限り意味を読み取ろうとすることで、同じ速度で英文を読んだ場合の理解度がだんだん上がっていくわけです。

なお、この時点では辞書を使って意味を調べたりしないでください。
見ていいのは、問題文に書いてある情報だけです。

じっくり本文を読むと、速読した時の回答が間違っていたと思うこともあるので、その場合はその回答を速読の回答の横にメモしておきましょう。

どうしても分からない部分には印を付けておくと、後で意味を調べたりするときに便利ですが、この場合はフリクションボールインクを使ったマーカーやシャープペンシルなど、後で消せるものを使ってください。

マーカーと消去

何度も同じ教材で勉強するときに問題文に余計な情報が入っていると、回答の邪魔になるからです。

「もうこれ以上はいくら読んでも分からないな。」
と思ったら、最後の答え合わせと文法チェックに進みます。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP