学習予備リストの作成

TOEICの勉強に限らず、英語を勉強していると、知らない単語や文法に出会うことは結構あります。

また、役に立ちそうな表現を見つけて、後であらためて勉強たいと感じたりもするでしょう。

そんな時はテキストや問題集にアンダーラインを引いたりすることが多いと思いますが、それだけだと後で勉強するときに上手く活用できない可能性が残ります。

例えば、役に立つ文章を英作文のCSVに追加しようと思った時に、使いたいと思った文がどこに載っていたか分からない・・・とか。

重要度の高いものから覚えるべきだと思っているのに、たくさんアンダーラインを引いた中で「どれを優先的に勉強するか」がうまく管理できない・・・とか。

こういうことで勉強の効率を避けることはできるだけ避けたほうがいいでしょう。

そこで役に立つのが、学習予備リスト。

これは何かというと、分からなかったことや調べるべきこと、そして後で復習して知識として定着させたいと思うことをまとめたリストです。

英作文や音読、英文穴埋めや長文読解の勉強をするときに、分からない単語や勉強しなおしたい表現があったら、とりあえずこれに記録しておきます。

長い英文だったり、前後の文章から意味を判断する必要がある場合には、どのテキストの何ページに載っている英文かということを書いておくだけでもOKです。

そして、意味や例文などを調べた上で、英作文やボキャビルに新しい問題を追加するときに取り込むようにします。

こうすることで、後で勉強しようと思ったものがそのままになったり、テキストをあちこち開いて探す必要がなくなるというわけです。

なお、、学習予備リストは紙のノートでも作れますが、個人的にはパソコンで管理できる電子ファイルがおすすめです。

パソコンで開くファイルなら順番の入れ替えも簡単だし、分量が多くなっても探したいものをすぐに検索できるからです。

学習予備リスト

後から情報を書き込むときにも、重要度が高いと思った情報はリストの一番上に入れたり、逆に参考程度の情報は、一番後ろに移動させて後回しにしたりと、柔軟に対応することができます。

ちなみに僕の学習予備リストは単純なテキストファイル(拡張子txt)形式でパソコンに保存してあります。

外出先では携帯のメモ機能に疑問や注意事項、後で調べたい英語の情報などを記録することがありますが、最終的にはそういうものも全てメールなどでパソコンに転送して、学習予備リストにコピーして管理しています。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP