タートルズメソッドのルール

ルール1:スペリングの勉強をしない

ルール1:スペリングの勉強をしない タートルズメソッドでは、「原則」によって決まってくる細かい規則を「ルール」と呼んでます。 そして、その一つ目が「スペリングの勉強をしない」です。 厳密には英作文や単語の意味を覚える時に、スペルも…

>>このページに移動する

ルール2:紙の辞書を使わない

ルール2:紙の辞書を使わない 2番目のルールは、「紙の辞書を使わない」ということです。 古くから紙の辞書というのは、外国語を勉強する上での定番学習ツールだったと思います。 でも、タートルズメソッドでは、紙の辞書を一切使わないで…

>>このページに移動する

ルール3:発音記号を勉強しない

ルール3:発音記号を勉強しない スペルの他にもう一つ、タートルズメソッドで勉強しないものがあります。 それが発音記号です。 誤解の無いように言っておきますが、僕は一部の人のように「発音記号は何の役にも立たない!」なんて言うつも…

>>このページに移動する

ルール4:英作文を勉強の中心にする

ルール4:英作文を勉強の中心にする 4番目になってしまいましたが、勉強の中で一定の時間を英作文にあてるというのもタートルズメソッドの重要なルールの一つです。 というより、本当の意味で英語力を鍛えたいなら、その目的がTOEICだろうとなん…

>>このページに移動する

ルール5:学習データベースを作る

ルール5:学習データベースを作る 5つ目のルールは、学習データベースというものを作ることです。 というわけで、まずは学習データベースというのがどういうものかについて説明しましょう。 学習データベースというのは、簡単に言うと今までに…

>>このページに移動する

ルール6:教材が傷んでも気にしない

ルール6:教材が傷んでも気にしない 6番めのルールが「教材が傷んでも気にしない」というものですが、これは何も参考書や問題集を机に置くときに放り投げてもいいとか、濡れても気にしないでお風呂の中に持って入ろうというような話ではありません…

>>このページに移動する

ルール7:裏ワザを使わない

ルール7:裏ワザを使わない ルールの7つ目は「裏技を使わない」です。 裏ワザというのは何かというと、ここではテストで得点を上げるための小手先のテクニックのことを意味しています。 要するに、英語の実力以外の部分で点数を上げよう…

>>このページに移動する

ルール8:プランBを用意する

ルール8:プランBを用意する 8番目のルールは「プランBを用意する」です。 プランBというのは何かというと、計画通りに何かを実行できない時の予備的な予定のことで、洋画なんかでも「じゃあプランBで行こう。」というようなフレーズがよ…

>>このページに移動する

ルール9:準備を完璧にする

ルール9:準備を完璧にする 最後のルールは、準備を完璧にするということです。 準備というと色々なケースが考えられますが、特に重要なのがTOEICのテスト当日の準備です。 多くの人は、いつも使っている文房具と受験票ハガキを持って、…

>>このページに移動する

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP