ルール4:英作文を勉強の中心にする

4番目になってしまいましたが、勉強の中で一定の時間を英作文にあてるというのもタートルズメソッドの重要なルールの一つです。

というより、本当の意味で英語力を鍛えたいなら、その目的がTOEICだろうとなんだろうと、英作文を勉強の中心にするのが一番だと思います。

その理由について、詳しく説明しましょう。

基礎ができていないと英文は作れない

英語で正しい文章を作るには、まず文法を理解していないといけません。
さらにその上で、単語やイディオムなども頭に入っている必要があります。

英作文

つまり、英作文ができるということは、その文章を構成しているいろいろな要素をきちんと理解しているということなんです。

言い換えれば、基礎からちゃんと英語が分かってるっていうことです。

「リスニングやリーディングの問題はある程度解けるけど、英作文が苦手で・・・」
という人がいますが、そういう人は英作文だけ不得意なわけじゃありません。

厳しい言い方をすると、英語全体が不得意なんです(笑)。

基礎があやふやなまま英語を「なんとなく表面的に」解釈しているだけで、本当の意味で英語が身についていないだけです。

こういう人は勉強時間だけを増やしてもすぐに英語力が伸び悩み、TOEICのスコアも一定のところで頭打ちになりやすいという特徴があります。

逆に英作文をガンガンやっていると、リスニングや長文読解など他の勉強でも正確に英語が理解できるので、学習効率が格段に上がります。

そうなると、TOEICのPART5のような文法問題を解く時にも、どの言葉がなぜ正解になるのか・不正解になるのかを全て正確に答えることができます。

だから仮に間違える事があっても、同じタイプの問題に何度も足をすくわれることは無いわけです。

英作文の能力を磨くと、他の能力も鍛えられる

穴埋め形式などではなく、自分の力でゼロから英文がつくれるなら、同じタイプの英語が長文問題で出てきても簡単に理解できます。

逆に、文章で読めば理解できる内容でも、自分で英文を作るのは難しいということは多いはずです。

これはつまり、英作文できる文章のパターンが増えれば、文章の読解力も上がって、読む速度も早くなるということを意味しています。

実際にある程度の英作文をこなしていると、穴埋め問題などは選択肢を見なくても空欄に入る単語が分かったりすることも多いです。

また、リスニングでも自分の知っているフレーズや文型は、すぐに意味を把握できるようになります。

例えば、
「Why don’t you ・・・」(しませんか?という提案)
というフレーズを聞いた時に、
「why が理由で、don’t you はあなたがなぜしないのですか、だから・・・」なんて考えてたら、とてもネイティブの話す速度に付いて行くことはできないでしょう。

逆にこういう文を自分で作ることに慣れていれば、かなり早口に言われても一瞬で理解できますし、少しくらい発音が崩れても聞き取ることができます。

さらに、英語は日本語と語順が違うので、音声で聞き取れても理解するのが追いつかなくなることがよくあります。

そういう場合でも、英作文で文の形そのものに慣れていると、言葉を聞いた順番に理解していくことができるわけです。

ごく簡単な例で言うと、
He pushed some documents aside.
(彼はいくつかの書類を脇へ押しのけた。)
みたいに、名詞が動詞と副詞に挟まれている英語独特の語順も、英作文慣れしていれば頭の中で語順を入れ替えて翻訳する必要はありません。

効率良く復習できる

ここまでに書いたとおり、英作文には文法、熟語、そして単語など英語を理解するための要素が全て入っています。

例えば、
You’re making me nervous.
(あなたは私をナーバス(神経質、心配な状態)にさせている)
という文は、
使役動詞と現在進行形の用法、そしてnervousという単語が頭に入ってないと作ることができません。

ということはこの英作文を一つやれば、3つのことが頭に入っているかどうか確認できるということです。

もしも間違えたら、どの部分が自分の弱点なのかということが分かり、その場で覚え直すことができます。

つまり、英作文は忘却管理にも最適な勉強法なんです。
(忘却管理が何かということについては「忘却管理を徹底する」のページをご覧ください)

基礎力がつく上に、リスニングやリーディングの能力を向上させ、さらに復習の効率も良くなるということです。

僕が比較的スムーズにTOEICのスコアを上げることができたのも、英作文の効果がかなり大きいと思います。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP