英文穴埋め問題DBの修正

英文穴埋め問題を勉強している最中にも、必要だと思ったらすぐにCSVファイルを修正して、それぞれの問題に確実に回答できるようにしていきましょう。

単純なスペルミスなどが原因で修正をすることもあるとは思いますが、文法穴埋め問題で一番重要なのは正解・不正解の根拠についての解説を磨き上げていくことです。

TOEIC PART5解説

 TOEICのPART5にはいくつかのパターンがありjますので、それぞれ理解するために必要なポイントを書いておきたいと思います。

単語に関する知識を試す問題

単語に関する知識、いわゆる語彙を試す問題の場合選択肢には下のように、違う意味の単語が並んでいます。

A) buy
B) provide
C) spend
D) treat

つまり、問題文の意味が理解できて、さらに選択肢の単語の意味が分かる人だけが確実に正解できるということです。

他の種類の問題に関してもそうですが、意味が明確に分からない単語があったら必ずチェックして、解説にも書き加えておきましょう。

文法知識を試す問題

文法知識を試す問題では、下のように種類は似ていても品詞の違う単語が並んでいたり、現在形と過去形、現在完了形というような違う時制の単語やフレーズが並んでいたりします。

A) short
B) shortly
C) shorter
D) shorten

この種類の問題を解くためには、空欄に入る単語が名詞になるべきなのか動詞になるべきなのか、それとも形容詞になるべきなのかというような文法知識が試されることになります。

正解・不正解の根拠を理解するのが語彙問題よりも難しいので、時間をかけてでも自分で読んだ時にしっかり意味を理解できるような解説を入れておきましょう。

前置詞・接続詞・形容詞などの用法の知識を試す問題

この種類の問題では、下のように選択肢の全部が前置詞だったり、every や each というような特殊な形容詞だったりします。

A) at
B) by
C) in
D) on

正解を判断するためには、選択肢と動詞との組み合わせを把握しておいたり、選択肢にある単語が単数形にかかる言葉なのか、それとも複数形にかかる言葉なのかというようなことを理解しておく必要があります。

一見難しいように感じるかもしれませんが、「お決まりのパターン」がとても多いのもこのタイプの問題の特徴で、知っていれば5秒以内に答えられるボーナス問題のようなものがよく出てきます。

その「パターン」をしっかり解説に書き込んでおいてください。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP